「交渉戦略で日本企業を海外で輝かせる – 専門家の伴走サポート」

交渉において、言葉の壁や文化の違いを越え、技術分野での橋渡しをします。
あなたのビジネスを世界とのつながりでより強力に、そしてスムーズにサポートします。
現場の負担が低減されると同時に社内の人材育成にも貢献します。

 

国内人材 → 海外人材へ

 

 

1. 言語の壁を越えて

日本企業と海外企業との間には、言語の壁が存在します。特に英語を母国語とする国とのコミュニケーションでは、専門用語やニュアンスの理解が難しいこともあります。しかし、我々SPEDiのサポートにより、言語の壁を越えてスムーズなコミュニケーションを実現します。

2. 文化の違いを理解し、尊重する

異なる国や文化間では、ビジネスの慣習やコミュニケーションスタイルが異なることがあります。これにより誤解や意図しない衝突が生じる可能性があります。我々は、異文化間での理解を深め、ビジネスの文化や慣習についてのアドバイスを提供します。

3. ビジネス文化の違いをブリッジする

日本企業と海外企業との間でビジネスの進め方や契約の取り決めに関する理解の違いがある場合があります。我々の専門知識を活用し、異文化間での課題を解決します。

SPEDiは、あなたのビジネスが海外市場でも成功を収めるためのパートナーです。

 

 

   ▶︎ 交渉には難しいスキルが必要なわけではありません。ディベート能力は交渉のごく一部でしかありません。
▶︎  ポイントはむしろ、交渉する内容(技術的知見など)をよく知っている人が正しく準備をすることです。

*また弊社では、新人向けなどに基礎的なコミュニケーションスキルの研修も実施いたします。お気軽にお問い合わせください。

 

 

*海外とのコミュニケーションで小さな疑問や問題がある場合、公式の問い合わせフォームを使わずに、下記のフォームからご連絡ください。
匿名での問い合わせも可能でも結構です。費用はかかりません。

ご返信させていただくために、メールアドレスはご記入ください。